親子で考える
「大学入学共通テストとリテラシー」

最後の「センター試験」の結果

平成2年に始まった「センター試験」は本年度の実施をもって終了し、来年から新たな「大学入学共通テスト」が始まります。

とはいっても、先月実施された「センター試験」では「大学入学共通テスト」を意識した出題が見られ、

受験者数の多い主要教科でも平均点が50点(5割)台のものが多々見られました。

 

国語:119.33点(59.66%)

現代社会:57.30点/政治・経済:53.75点

数学ⅠA:51.88点、数学ⅡB:49.03点

化学基礎:28.20点(56.40%)/地学基礎:27.03点(54.06%)/化学:54.79点/生物:57.56点

英語(筆記):116.31点(58.15%)/英語(リスニング):28.78点(57.56%)

 

「過去問では高得点を取れたのに…」という意見も学生から聞かれたようです。

逆に言えば、過去問が解ければ得点が取れたこれまでの試験は『要領と知識』を評価するだけのクイズのようなものと言えるでしょう。

この業界に四半世紀携わっていますが、この10年ほど、悲しいことに地頭よりも要領(ずる賢さ?)の方が合否に影響している印象を受けます。

「大学入学共通テスト」で新たに問われるのは?

「大学入学共通テスト」は出題形式・評価対象が大きく変わるため

(文部科学省の不手際で中止になったのは「英語民間試験の活用と筆記試験(国語・数学)」だけ)

過去問などありませんから「真の学力(地頭)」が測定されます。

 

それでは何が評価されるのでしょうか? 端的に言えば『教養とリテラシー』です。にわかには信じがたいのですが、一流と言われる大学でも最近では「受験で世界史を使っていないので『ベルリンの壁』を知らない」「生物を勉強していないので『菌とウイルス』の違いが分からない」などと

恥ずかしげもなく言う学生が少なくないらしいです。いずれも本を読めば分かることですが、読むだけの『教養とリテラシー』が不足しているのです。

したがって、今回の大学入試改革では『資料やグラフ・得られた実験データを読み解き、問題を主体的に解決させる出題』が加えられます。

恐らく「あの問題、訳分かんない!」といった文句?が来年はつぶやかれることでしょう。

 

それでは『教養とリテラシー』はどのように身に付ければよいのでしょうか?「入試改革=ビジネスチャンス」としかとらえない塾や予備校は「派手で怪しいテクニック」を雨後の筍のごとく打ち上げます(今回は「AIを活用」辺りが謳い文句になるでしょうね)が、今回ばかりは安直なテクニックでは通用しません。

なぜなら『教養とリテラシー』は日々の勉強、先生や講師との対話・添削指導を通じて培われていくものだからです。

 

最後に『教養とリテラシー』を左右する次の点をチェックしてみましょう。

 

☆授業内容を思い返せるようなノートが作成できていますか?☆

保護者の方はお子さんのノートを一度ご覧ください。教科書やプリントの余白のメモだけになっていないでしょうか?

 

☆本(漫画でも構いません)や新聞記事などまとまった意味のあるドキュメントを日常的に読んでいますか?☆

読むのも書くのもLineだけなんてことにはなっていませんか?

 

☆人の話をきちんと聞いていますか?☆

学校の授業は聞かず、授業中に他のことをするのは客観的には効率が悪いですね。

保護者の方はお子さんとの会話の際に思い当たる節はありませんか?

 

☆結論よりもその結論に至る過程を気にしていますか?☆

物事には理屈と道理があります。答えが出れば良い、それはクイズです。

 

私たちは「地味でも真面目に取り組む学生」を応援しています。

例えば、英文一つでも対面で互いの納得のいくまで読み解きます。「損得無しに教える」ことは教える者の責務です。

また、学費の面で国公立大でないと「夢をあきらめなくてはならない人・あきらめかけている人(特に、医歯薬・獣医志望)」には

何か手助けできることがあると思いますので、一度ご相談ください。

 

ご相談は電話やお問合せフォーム(下記)で、遠慮なくどうぞ!

執拗な勧誘はいたしませんので、ご相談だけでも結構です。色々な人に怒られますが、商売っ気がないもので… では、また次回!

お気軽にお電話ください
043-441-8572 043-441-8572
月・火・木・金・土・日(需要に応じて) 15:00~22:00(受付 15:15~21:30)
千葉県千葉市中央区中央2丁目9-8 千葉広小路ビル601号
ACCESS

千葉市の大学進学塾なら、当教室が通いやすいロケーションにあります

千葉市の当塾は、JR「千葉駅/東千葉駅」京成電鉄「千葉中央駅」から徒歩10分程度、千葉都市モノレール「葭川公園駅」から徒歩5分の距離にあります。 また、県立千葉高校より徒歩13分(JR「本千葉駅」までと等距離)です。 最寄り駅から徒歩圏内で通いやすく、周辺にお住まいの生徒の皆さまは自転車で通うことも可能ですので、千葉市の当教室への通塾をご検討ください。
大学進学塾 佐藤塾写真
塾名 大学進学塾 佐藤塾
住所 千葉県千葉市中央区中央2丁目9-8 千葉広小路ビル601号
電話番号 043-441-8572
営業時間 月・火・木・金・土・日(需要に応じて) 15:00~22:00(受付 15:15~21:30)
定休日 水曜日(高校の休暇期間(春・夏・冬)は不定期・日曜日は需要に応じてOpen
最寄駅 千葉駅・東千葉駅・千葉中央駅・葭川公園駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。