2019年 明けましておめでとうございます
高校2年生の皆さんへ、大学進学の真実をお伝えします

現行の入試制度の最後の学年/現役合格が必須

当HPの入試情報(その1)で解説しているように、2020年度から入試制度が激変します。

仮に再チャレンジ(浪人)となった場合には、新制度の入試を受験しなければなりません。したがって、現役合格が必須です。

※文部科学省は学習指導要領には変更がないため、浪人生用の別の問題は作成しない方針を2018年6月にアナウンスしています。

理系は国公立、文系は私立で激戦/重要なのは選択科目の出来

生徒

理系は理科の後半部分が勝敗を分ける

理系の場合、大学院(修士課程)も含めて6年間通う人が多く、国公立大の方が私立大よりも学費が安いことから、国公立大を志望する人が多いです。特に、昨今、色々と話題になっている私立大医学部の学費は極めて高い(6年で3000万~5000万)ため、国公立大医学部は最難関といえます。基本的に、国公立大の2次試験では、理科が2科目必要となります。なお、私立大については、早慶大以外は理科大でも1科目でOKです。

 

「物理と化学」または「化学と生物」を選択する人がほとんどですので、理系の人はまず「化学」を履修します。この「化学」の後ろ半分を占める「有機化学(医薬品や栄養素、プラスチックやゴムはいずれも身近な有機化合物)」は高3の夏休み以降に学習(Input)することが多く、現役生は演習(Output)する時間を充分に取れず、間に合わなくなるのが実情です。

 

大学入試

文系は英語ができて当然、勝負は国語・社会で決まる

文系の場合、国公立大の2次試験、私立大いずれでも基本的に「英語・国語・地歴公民(これからは国際的な視野が不可欠であることから、当塾では「世界史」の選択を推奨)」の3科目が課されます。国公立大ではこれにセンター試験で理系科目(数学と理科)が加わり負担が大きいため、私立大だけを目指す人もいます。しかし、私立文系は近年難化の一途をたどっています。これは、文部科学省が定員を大幅に超えて入学させる大学が多いことを問題視して、10年前は定員の1.4倍以上であった助成金カットの基準を年々引き下げていき、2018年春は1.1倍以上としたことで各大学が合格者を大きく減らしたことが要因です(日本経済新聞 2018年4月4日)。

 

理系も含んでいますが、2018年春の入試では一昨年より、早稲田大が4009人、慶應義塾大が435人、いわゆるMARCHでは、明治大が2928人、青山学院大が2796人、立教大が2386人、中央大が1233人、法政大が5644人合格者も減らしました。

 

「日本人だから国語はできる」といって「英数の方が大切だ」と言う人がいますが、このような人は恐らく学問に真剣に取り組んだ経験がないのでしょう。日本語でモノを考え、日本語で解を答えるのですから、国語力は、本来なら学習の初めの一歩のはずです。日本語が堪能でなければ、思考するための語彙力が不足し、問題文を理解する力がなく、自己の考えを正しく言葉にすることが出来ません。国語という科目への考え方を変えることで、論理的な考え方を癖付けると、他教科へも良き影響を及ぼします。 実際、英語では「本文の内容を○○字で要約せよ」、地歴公民では「●●について○○字で論述せよ」といった設問が多々見られます。 

ACCESS

千葉市の大学進学塾なら、当教室が通いやすいロケーションにあります

千葉市の当塾は、JR「千葉駅/東千葉駅」京成電鉄「千葉中央駅」から徒歩10分程度、千葉都市モノレール「葭川公園駅」から徒歩5分の距離にあります。 また、県立千葉高校より徒歩13分(JR「本千葉駅」までと等距離)です。 最寄り駅から徒歩圏内で通いやすく、周辺にお住まいの生徒の皆さまは自転車で通うことも可能ですので、千葉市の当教室への通塾をご検討ください。
大学進学塾 佐藤塾写真
塾名 大学進学塾 佐藤塾
住所 千葉県千葉市中央区中央2丁目9-8 千葉広小路ビル601号
電話番号 043-441-8572
営業時間 月・火・木・金 15:00~22:00(受付 15:15~21:30)
土・日 14:00~21:00(受付 14:15~20:30)火曜日(隔週)
定休日 水曜日
最寄駅 千葉駅・東千葉駅・千葉中央駅・葭川公園駅
お気軽にお電話ください
043-441-8572 043-441-8572
月・火・木・金 15:00~22:00(受付 15:15~21:30)
土・日 14:00~21:00(受付 14:15~20:30)火曜日(隔週)
千葉県千葉市中央区中央2丁目9-8 千葉広小路ビル601号

千葉市にある当塾は勉強の不安を解消するカリキュラムが充実しています

千葉市で塾をお探しでしたら、

高2のうちから高3の内容を先取りした授業や少人数による授業を受けることが可能な当校へ、気軽にご連絡ください。

 

千葉市にある当塾では、2020年以降導入される予定の新入試の対策授業はもちろんのこと、

対面指導で生徒とより近い距離で勉強に関するアドバイスができるほか、

高2夏から古典や化学を先取りすることで、東京大学を始めとする難関大学への現役合格を目指すことができる独自のカリキュラムの提供も可能です。

 

また、大手の予備校と違い、長期的な戦略で家計への負担も軽減できるほか、個別面談によるベストな提案ができるなど、

地域密着型の塾を目指しており、利用しやすい環境も整えています。

 

これからの受験制度に関して不安がある方はもちろんのこと、現状の勉強法や大学受験について不安がある方は当校へご連絡いただければ、ご相談を承ります。

本

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。